出会い系では未成年に気をつけよう!18歳未満との性交は淫行条例違反

出会い系攻略

出会い系サイトや、マッチングアプリを利用していると18歳未満のユーザーを見かけることがあります。

JC・JKに手を出してしまうと、淫行条例に反するという事はみなさんご存知かと思いますが、「どこまでしてしまうと犯罪なのか?」、「18歳のJKは違反対象なのか?」など曖昧な部分も多いのではないかと思います。

 

誤った認識では一生を棒にふるいかねません。

 

というわけで今回は、出会い系をする上で知っておきたい18歳未満とのリスクについて解説していきたいと思います。

淫行条例とは?

淫行条例とは、各地方自治体が定める青少年保護育成条例の中にある、「淫らな行為」、「わいせつな行為」などを規制する条文の通称になります。

正式名称として、「淫行条例」という条例がある訳ではありません。

この「みだらな行為」とは、性交そのものや、それに準ずる行為のことを指していて、「わいせつな行為」は性欲を刺激する行為の事を指します。

 

わかりやすく言うと、性器への接触があったら、「みだらな行為」。
体への接触や衣服を脱がしたら「わいせつな行為」ということになります。

 

この「わいせつな行為」は、どの程度で罪に問われるのか弁護士でも意見が別れるようですが、キスで逮捕された事例もあったようです。
参考:https://www.bengo4.com/c_1009/c_19/b_490463/

 

 

また、この青少年保護育成条例は、18歳未満の児童が保護対象となりますので、18歳の高校生は保護対象になりません。

高校は義務教育ではありませんので、何歳でも通えますから、あくまで年齢のみで判断されます。

 

 

ほかに、13歳以下と性交または性交類似行為をした場合には、相手の合意があったとしても強姦罪、または強制性交罪の罪に問われます。

最近では、オンラインゲームで12歳の少年と付き合い性交した22歳の女性が逮捕されましたね。
関連記事:『荒野行動は出会い系という評判は本当?』

13歳未満の場合は、より重い罪になることを肝に銘じておきましょう。

条例違反になる行為

セックス  違反
口淫、手淫  違反
胸を触る  違反
キス  違反と判断されることも

条例の保護対象

12歳以下  より重い罪に
13歳以上の中学生  保護対象
17歳以下の高校生  保護対象
18歳以上の高校生  保護対象外

18歳未満と知らなくても罪に問われる事がある

18歳未満と知らずに18歳未満と関係を持ってしまっても、罪に問われる危険性があります。

「未必の故意」というのですが、噛み砕いて説明すると、
「犯罪かもしれないけど、それでもいいか。」とすべき確認を怠り犯罪行為をすることを言います。

 

18歳未満っぽいけど、確かめなくていいか。

は罪になるという事ですね。

 

裁判では、服装、外見、体型、言動などから「未必の故意」にあたらないか判断されます。

 

相手が年齢詐称して出会い系に登録していた場合でも、プロフに18歳以上と書いてあったから大丈夫。とはならないので気をつけましょう。

18歳未満と性交しても条例違反にならない場合もある

反対に18歳未満と性交をしたとしても、罪に問われないケースもあります。

それは、真剣に交際をしていた場合です。

 

日本は自由恋愛が認められている国ですし、そもそも女性は16歳以上であれば結婚もできますから、結婚を前提にした真剣なお付き合いであれば罪には問われないケースもあるようです。

ただし、要項は厳しく、結婚の約束や、交際期間、交際の態様など細かく調べ判断される模様。

 

出会い系で知り合ったワンナイトの関係では、口裏合わせをし誤魔化す事は出来ないでしょうね。

未成年とのお泊りにも気をつけよう

もうひとつ出会い系を使う上で気をつけていただきたいのが、未成年(20歳未満)の外泊です。

例え性交がなく本人の同意があっても、監護者の同意が無ければ、未成年略取・誘拐罪に問われるリスクがあります。

 

たまに家出少女を自宅に匿った人が逮捕されるニュースを目にしますよね。

出会い系でも家出少女はたまに見かけますが、親切心で彼女たちを自宅に泊めると大変な目に会うかもしれません。

 

2019年現在では、20歳以上が成人となります。

青少年育成保護条例と違い、20歳未満が対象となる点にも注意しましょう。
参考:https://www.google.co.jp/amp/s/amp.bengo4.com/topics/7322/

年齢確認のある出会い系を利用しよう

出会い系サイトやマッチングアプリは、出会い系サイト規制法により年齢確認が義務付けられていますが、中には法律を守らない悪質な出会い系も存在しています。

 

そして、18歳未満でも利用できてしまう出会い系は、犯罪者も利用がしやすく、詐欺事件美人局にもよく使われるんですよね。

18歳未満の性交は美人局の脅しの口実にもよく使われるので、間違っても手を出さないように気をつけてください。

出会い系で美人局の被害にあわないための対策
時おり、ニュースで出会い系アプリを利用していた男性が美人局(つつもたせ)の被害にあったという報道を目にする事があります。 美人局とは、ターゲットが女性と肉体関係を結んだ、または結びそうである事を理由に因縁をつけ、金銭を要求する...
出会い系によくいるアマギフ先払い女は詐欺。お金は返ってくる?
出会い系で、iTunesカードや、googleプレイカード、Amazonギフトカードと引き換えに動画販売や援助交際を持ちかけている女性をよく見かけます。 先払いで電子マネーをくれたら、エッチな画像や動画を送る・直接会ってあげる...

身分証による年齢確認を実施している出会い系を利用すれば、18歳未満と接触するリスクを極力抑えることが出来ますので、出会いは「インターネット異性紹介事業」の認可を受けた出会い系で探しましょう。

おすすめの出会い系サイト

1番おすすめはPCMAX(R18)です。

PCMAXは創設15年以上、会員数1200万人と賑わっている国内最大級の出会い系サイトです。
登録は無料。
女性は全ての機能が無料で使えます。ブラウザ版とアプリ版がありますが、はじめるならブラウザ版がおすすめです。
アプリ版は規制が入っているので、アダルト系の情報や日記が表示されないんですよね。
ブラウザ版は無料ポイントも多く貰えるので、うまく行けばタダで出会えますよ。
登録後、2日以内にポイント購入すると、ポイントアップのキャンペーンもやっています。
ハッピーメール(18禁)も登録無料、会員数も多くおすすめです。