出会い系で会う約束をした後に連絡頻度が落ちる心理

出会い系攻略

出会い系サイトやマッチングアプリで知り合った異性と、毎日こまめにラインをして何とかデートの約束を取り付けられた!

と思ったら、
返信が減ってきてしまった。

このまま会えるだろうか不安。

と思ったことはありませんか?

 

これは、出会い系ではよくある事なんです。

では、いったいどんな心理で返信が疎かになってしまうのか、返信が疎かになる3パターンを解説していきたいと思います。

理由1.もともとメールが好きではなかった

LINEやメールをするのがあまり好きではないという人は多くいます。

会える約束まで頑張って交流したけれど、約束を取り付けられたから気が抜けてしまったという状態ですね。

 

人との交流を積極的に楽しむのではなく、ゆったりした返信がその人本来のペースなのでしょう。

僕の経験では、この手のタイプは会った後も緩く長く交流が続くことが多いです。

他に交流している人も少ないのかもしれませんね。

 

人見知り気質の人に返信を催促しすぎるとプレッシャーになってしまいますので、しつこくしないように気をつけてくださいね。

理由2.釣った魚には餌をやらない遊び人

僕は遊び人ですが、会える直前までは気を抜かないようにしています。

ですが、効率重視で、会う約束は取り付けたら、交流時間を他の人に振り分ける人もいるそうです。

遊ぶ約束は直前に流れる事もあるですが大胆ですよね。

 

 

遊び人は高確率で会えるので、返信頻度が悪くなっても心配する必要はありません。

相手の言動やプロフィールを見て遊び慣れていそうならこのタイプを疑ってみて下さい。

 

ひとつ付け加えると、遊び人は恋愛として振り向かすことは難しいので、あなたが真剣な出会いを求めているなら警戒して会ったほうが身のためです。

理由3.会うのが怖くなってきた

インターネット越しの出会いの経験が無い人は、会うのを怖がっているパターンが多いです。

僕の体感では、紹介した3つのパターンの中で1番多いように感じますね。

 

遊びにしろ、真剣な出会いにしろ、相手は不安がっています。

ですので、優しく接してあげてみて下さい。

 

この手のタイプは、直前にドタキャンしてくることがよくあるのですが、ドタキャンを咎めず優しくしていたら後日に遊べたこともあります。

なるべく相手の不安を取り除くよう心がけましょう。

結局はデート当日を待つしかない

返信頻度が落ちてきたからといって、会えなくなったと決まった訳ではありません。

出来る対策も少なく相手次第なので、心配してもしょうがないんですよね。

単純に忙しかったという事もあり得ますから。

結局は、デート当日を待つしかありません。

 

 

言ってしまうと、出会い系は希薄な関係です。

直接会ってデートをしたならまだしも、サイト内でのやり取りだけでは、一年後には名前すら忘れています。

デートの約束後に疎遠になるのは、「出会い系あるある」と言えるくらいよくある事なんですよね。

 

1人に固執せず沢山の人と会って、自分にぴったりの人を探すのがマッチングサイトの醍醐味とも言えますので、気にせず次のデート候補でもピックアップしておきましょう。

 

あなたとピッタリの素敵な異性は沢山いますから。

おすすめの出会い系サイト

1番おすすめはPCMAX(R18)です。

PCMAXは創設15年以上、会員数1200万人と賑わっている国内最大級の出会い系サイトです。
登録は無料。
女性は全ての機能が無料で使えます。ブラウザ版とアプリ版がありますが、はじめるならブラウザ版がおすすめです。
アプリ版は規制が入っているので、アダルト系の検索が出来ないんですよね。
ブラウザ版は無料ポイントも多く貰えるので、うまく行けばタダで出会えますよ。
登録後、2日以内にポイント購入すると、ポイントアップのキャンペーンもやっています。